爆裂とはコンクリートの基礎や壁の内部鉄筋が腐食してサビによる膨張によって、かぶりコンクリートを押し出して剥離させ鉄筋が露出した状態をいいます。影響が広がる前に早目の補修が大切です。爆裂補修の手順をご紹介いたします。

コンクリートの爆裂補修
爆裂とはコンクリートの基礎や壁の内部鉄筋が腐食してサビによる膨張によって、かぶりコンクリートを押し出して剥離させて鉄筋が露出する状態をいいます。影響が広がる前に早目の補修が大切です。爆裂補修の手順をご紹介いたします。
爆裂はコンクリートに亀裂が生じて水が侵食して起きたり、コンクリートが水を吸って中和作用によって鉄筋が腐食します。築年数が古いものや、海近くの建物などは塩害により早く表れる場合もあります。いずれもコンクリートのかぶり厚さが薄く不十分なところから症状が出て来ます。
爆裂
基礎部分の爆裂

爆裂拡大表示

基礎部分が爆裂して鉄筋が露出しています。コンクリートのかぶりが薄いのがわかります。
鉄筋を出します

爆裂補修拡大表示

まわりのコンクリートをはつって鉄筋を出します。叩いてサビを落とします。
サビを落とします。

爆裂補修拡大表示

鉄筋のサビを金ブラシやペーパーを使って落とします。
サビ止め塗装

爆裂補修拡大表示

仕上げ兼用のサビ止めを鉄筋に塗装します。一日おいて乾かします。
モルタル充填 仕上げ

爆裂補修拡大表示

樹脂モルタルを充填して仕上げます。充填前に下地にプライマー(接着剤)を流布しておきます。モルタルにも接着剤を入れて接着をよくします。コテで押さえて仕上げて完了です。

このページの先頭に戻る