高齢者向けのリフォームもおまかせください。小さい工事からお受けいたします。お客様に合ったご提案をさせていただきます。

シルバー向けのリフォームにつきまして
近年、高齢者の方のためにテスリやスロープを設置したりする必要性が高まっています。
ここでは、テスリやスロープについてご案内させていただきます。

テスリ拡大表示

テスリ
テスリは柱タイプと壁付けタイプの2種類があります。
現場の状況によって選びます。併用する場合もあります。
握る部分の素材は樹脂が被服してあるものがおすすめです。
被服してあるものは金属と違って熱の伝導率が違うため夏熱くてさわれないとか、冬つめたいということがありません。
テスリの高さは使われる方に合わせて設置できます。
スロープ
車椅子を使用するためにスロープを設置して段差を解消する場合があります。
段差とは階段の段差や掃き出し窓の段差などがあります。
スロープの設置にはいくつか方法があります。
コンクリートで作る・デッキ材で作る・金属で作るなどの方法があります。
スロープの場合、勾配が重要です。公共の場合、車椅子の自走できることとして勾配は1/12です。10cmあがるのに1.2m必要になります。幅は1.5m以上確保
個人の住宅の場合スペースを確保することは難しい場合が多いので補助して上がることを前提にしていいと思います。その場合、30cm上がるのに1.8mが目安でしょうか。現場により調整や工夫によりカバーすることが大切だと思います。

コンクリート拡大表示

デッキ拡大表示

アルミ拡大表示

段差スロープ拡大表示

段差スロープ
50mmから200mmまでの段差に対応できます。スペーサーで安定を調整できます。
小さな段差や玄関の上がり框などに設置できます。
並べて置けば車椅子にも対応できます。

ノンスリップテープ拡大表示

すべり止め:ノンスリップテープ
すべり止めのテープです。
表面がざらざらしていてヤスリになっています。
タイルの床や階段部分に下処理した上に貼ります。
段数の多い階段や急な階段に有効です。また、急傾斜のアプローチなどにテスリと併用するのもよろしいかと思います。

引戸拡大表示

引戸:スライド門扉
車椅子をご利用される方の通行に便利なのは引戸です。
既存の開き門扉を引戸に交換することもできます。
ただ、現場の状況により設置できない場合がございますので担当者にご相談ください。
小さな段差や急な傾斜は危険です。
10cm以下の段差や急な傾斜の通路はつまずき易く、高齢者の方にとって危険です。
小さな段差には段差スロープを置いたり、傾斜が急な部分はあえて階段にして、未然に転倒したりしないように対策をしておくことも大切です。

このページの先頭に戻る