外構工事をする際の近隣対策|

FAQ

外構工事をする際の近隣対策を教えてください

横浜に住む者ですが、家を建ててから度重なる地震の影響で、家の周りを囲んでいるブロック塀にヒビが入り、すでに一部崩れていることから、万一の事態を引き起こす前に、ブロック塀の補強も兼ねて外構のリフォーム工事をしてもらおうと考えています。
以前は周りにほとんど家がありませんでしたが、現在では四方が他の住宅で囲まれていて、その距離もそれほど離れていないので、工事をするにあたり近隣住宅とのトラブルが起きないか心配しています。
特にブロック塀を補強する際に、迷惑をかけるかもしれないと不安なわけですが、トラブルを回避するためにしておいた方が良い対策があれば教えてください。

answer

事前の挨拶回りを必ず行いましょう

外構のリフォーム工事をする際に、よくあるご近所トラブルには、騒音、工事車両による交通の妨げの他にもゴミや埃が近隣住宅へ飛び散ったり、それが原因で洗濯物を汚すことなどがあります。
弊社ではリフォーム工事を行う前に、必ず近隣住宅への挨拶回りをさせていただきますが、ご近所づきあいの程度にもよりますが、ご自身でも挨拶に行くことをおすすめします。
事前にいつ騒音が起きたり、大きな車両が道に入ることを伝えおくことで、苦情が入る件数を大幅に減少させることができますし、ゴミや埃で洗濯物を汚す確率も減らすことができます。

PageTop