外構でフェンスを取り付けたい|エクステリア横浜オフィス・横浜の外構工事の専門店〈E&Gアイティ〉

FAQ

外構でフェンスを取り付けたいと考えています。

横浜に一軒家を建てました。
住んでみて気付いたのですが、我が家の前は学生の通学路となっているようで、朝と夕方に人がたくさん通ります。
最初はあまり気にならなかったのですが、朝も通学の時間帯が終わるまではカーテンを閉めておいたり、夕方は早めにカーテンを閉めたりするのが徐々に億劫になってきています。
そこで、外構工事で目隠しフェンスを取り付けたいのですが、気を付けるポイントや、選ぶ時のおすすめなどはありますか?

answer

メリット・デメリットはしっかりと把握しておきましょう。

ご自宅の前を人が頻繁に通るような場所に家を建てられた方は、外構工事で目隠しフェンスを取り付ける方は多いです。
しかし、そういったメリットの部分ばかりにフォーカスし、付けてみて感じるデメリットというものがあることも事実なので、まずはその辺りを把握されておくことをおすすめします。
まずメリットですが、当然ですが今のように通行人の視線が気にならなくなります。
また、お庭があれば、視線を気にせずに洗濯物などを干すこともできるようになります。
一方デメリットですが、まず実用性の部分で、家の前にフェンスを立てるわけですから、当然日当たりや風通しは悪くなります。
なので、最適な高さを選ばないと、リビングに全く日が当たらないなんてこともあり得ます。
また、人によっては、奥行きが感じられずに、圧迫感を感じる方もいるそうです。
そういう意味では、高さはもちろん、色や目隠しフェンスの隙間の部分は重要だったりします。
実際にリビングからフェンスまでの距離を考えて、デザインを選ぶようにしましょう。

PageTop