横浜の庭リフォーム

横浜の庭リフォーム FAQ 

私たちは横浜で庭リフォームや外構などの工事を行っている業者です。たとえば、庭の整理に対応しています。庭にある庭石や木の切り株などが邪魔だと感じている人は多いでしょう。それらの撤去と処分を担当することが可能です。当社では、樹木の伐採から庭の整地、雑草の処分、伐根といった工事にプロのスタッフが迅速に対応することができます。これらを処分したあとには、庭の整地をしたり、砂利敷をしたりすることも可能です。作業の際には、こちらで重機やユニックを用意して、スムーズに作業します。

庭リフォーム 横浜

また、重機を運びこむことができない場所であっても、さまざまな工夫をして工事を進めることができるため、安心してご相談ください。庭にある古くなったパーゴラやウッドデッキ、藤棚などの撤去をすることもできます。工事の提案の際には、専門機器によってわかりやすい図面を作成してお渡しします。工事期間中は丁寧な作業を進めて、安心して工事を任せられるような環境を整えています。近隣の住民に対してもしっかりと配慮して、細心の注意を払いながら仕事を進めているのが特徴です。庭リフォームだけではなく、エクステリアの工事にも対応しています。何かお困りのことがあったときには、気軽に有限会社アイティまでご相談ください。

01横浜で庭リフォーム業者を探すポイントとは?

「庭リフォームをお手入れしやすくリフォームしたい」「植樹しておしゃれにしたいけれど自分で出来ない」といった場合、庭リフォーム業者へ相談される方が多いでしょう。庭リフォームづくりのプロであり、土壌作りや育て方、手入れの仕方も丁寧に教えてくれる他、剪定や定期的なメンテナンスも依頼できます。
ご予算やイメージ、庭リフォームの手入れに使える時間によって業者選びが変わるでしょう。
庭リフォームはお住いの一部であり、センスが問われる場所です。外側から見えるため、お手入れされていない住宅は空き巣に入られやすいとデーターが出ており、「庭を見ればその家庭を想像出来る」と言われるほどです。
よって、ライフスタイルに合った庭リフォームであり、ベストな状態を維持できるかがポイントということになります。
そういった臨機応変な庭づくりにはアイデア豊富な業者を選ぶのが理想です。新しい感覚、時代性を踏まえ、お客様の希望にあったいくつかの選択肢を与えてくれる柔軟な発想が必要です。
庭リフォームはもちろん、住まいに関わる広い視野があるほどユニークなアイデアが生まれます。その点では庭リフォームのみに特化せず、住まいの外構工事をトータルで行う業者に強みがあるでしょう。

02造園業者を利用するのが初めての方へのお勧めポイント

造園は庭全体のプラン設計から庭園デザイン、植木や石などの資材の仕入れなど総合的な業務を行っているのが一般的です。
個人宅だけでなく、公園などの公共の場の造園や保守管理も請け負っているケースが多く、庭木の手入れを主とする植木屋よりも規模が大きい仕事を行っていると言えます。
造園業に庭師は欠かせない存在であり、草木の知識や地形土壌の知識、空間デザインへのセンスやアイデアなど、多種多様なスキルが必要とされる仕事です。個人宅の庭づくりでは樹木の剪定や、庭全体のバランスを考慮した庭園づくりの技術が必要なほか、依頼者のライフスタイルに適した柔軟な対応も欠かせません。
維持管理を業者が行う公共施設と違い、個人宅の手入れはあくまでも依頼者であるため、メンテナンス可能な庭を実現することが求められるからです。

造園業者を利用するのが初めての方へのお勧めポイント

さらには、家の外観とのバランスを見ることも大切です。庭は家の一部であるため、別々に捉えることは出来ません。そして、防犯も考えた庭づくり、外構部分へも気配り出来ると尚よいでしょう。
この点から、お庭のリフォームを行う際には幅広い視野と技術力が備わった造園業者が適していると言えます。

03庭リフォームをする際の3つのお悩み

「お庭のある家」はいつの時代にも多くの人の憧れであり、"お庭があったら”と色々な想像をしてしまうでしょう。とは言え、お庭がキレイに造園された新築住宅であれば高額であり手に入れるのは簡単ではありません。そのため、お庭リフォームを前提に、中古住宅を購入される方も多いです。
お庭リフォームを希望される方のお悩みから3つを挙げてみましょう。

1.大きな石や切り株が残っているので除去したい

2.手入れの簡単な人口芝に変えたい

3.おしゃれな庭にしたいが何から手を付けていいか分からない


庭の整地や整備、撤去物の処理などには専門的な知識や道具、時間、そして大きな労力を必要とするため、思ったより大変なものです。DIYが得意な方や土を触ることに慣れている方であれば、ご自身のペースでお庭リフォームをすることも可能ですが、そうでない場合は慣れているプロに依頼するのが得策でしょう。
庭リフォームの専門業者へ依頼することで造園の基礎となる整地作業がきちんと行われますし、伐採や撤去をご自身で行う手間がかかりません。更に、漠然としたイメージを実現してくれる完成度の高さはやはりプロには敵わないでしょう。
ご希望や予算に合わせたアイデアや、お手入れについての指導もしてもらえるため安心です。

04庭リフォームの種類について

戸建て住宅にお住いの方はご自宅のメンテナンスをご自身で行われますが、お庭もお手入れが欠かせない場所です。お手入れをしないと雑草が伸び放題になったり、木の枝が屋根の方へ伸びたり、お花や植木などが枯れてしまいます。道路から見えてしまう立地であれば、留守がちなお宅と見受けられ、空き巣被害の対象になりやすいことからも、お庭の手入れは大切です。
お庭を管理する時間があまり持てない場合は、庭リフォームがおススメです。
庭リフォームの種類を挙げてみましょう。
庭リフォームの種類
・大きくなりすぎた木の伐採
・過去に伐採したが、残されたままの切り株撤去
・庭石の撤去
・雑草処分
・庭の整地
・砂利敷き
・花壇づくり、芝生張り替え
・古くなったウッドデッキ撤去
・パーゴラや藤棚の撤去
お手入れしやすいお庭を実現するためのリフォームアイデアは色々あるものです。芝の面積を減らし、タイルやレンガを敷くと芝が刈りやすくなり、見た目もすっきりして整然とします。さらに、雑草が生えるのを抑えるためには砂利敷きが有効です。
現在のお悩みや理想、お手入れに掛けられる時間などを踏まえ、庭リフォームの専門家に相談されるのが良いでしょう。

05横浜の庭リフォーム店の対応エリア

お庭は「箱庭」と呼ばれる小さなスペースから、池があるような大きなスペースのお庭まで幅広くあり、お庭の趣旨によって庭造りが変わります。
ペットも楽しめるお庭、お子様が遊び回れるお庭、ご夫婦2人で楽しまれるガーデニングやお庭でのティータイムが過ごせるお庭、素振りなどちょっとしたトレーニングができるスペースを作りたいなど、イメージするものに応じてお庭をアレンジ出来ます。また、お子様の成長に合わせて庭リフォームされる方が多い傾向にあり、昨今のDIYブームから、ご自身でリフォームされる方も珍しくありません。一方、プロの専門業者に相談したいという方は、お住いの地域で庭リフォームを得意とする業者へ依頼するのがベストです。
プロならではの経験と技術、センスにて、お住いの環境に応じ、ご予算と理想のバランスを取りながら完成度の高い庭リフォームが期待できるでしょう。
横浜で庭リフォームを行っている外構専門業者は、横浜・神奈川にエリアを絞ることで出張コストをかけず、質の良いサービスを提供しています。
アフターサービスにも快く対応してくれますので、施工工事後も安心。地元に密着した会社ならではの利点を得ることができます。

06横浜の外構工事業者に庭リフォームを依頼する場合の費用についての考え方

お住いの外構工事を検討する際には、見た目やご予算が先行してしまいがちですが、他にも留意する点があります。
メンテナンスがしやすいか、将来的に修繕などの費用が大きくかからない設計であるかなど、長い目でみた場合にコストメリットがあるかという点です。そして、防犯も考えた外構・庭リフォームであるかも見逃せないポイントでしょう。
ウッドデッキ、ウッドフェンスを例にしてみましょう。

横浜の外構工事業者に庭リフォームを依頼する場合の費用についての考え方

ステンレス製のビスを使用すると、デッキ材の分解や交換が年数を経過しても可能です。ステンレス製のビスは錆びないためです。一方、スチールのビスを使用すると錆びて分解や交換が簡単にできなくなるため、将来的にリフォームを行う際の費用にも影響します。このような点は専門家でなくては分からないものですから、外構の専門業者に相談するのが得策です。
外構工事は内容によっては一度に工事を終わらせる必要がない場合もあります。今回はこの部分、数年後にこの部分といった工事など、お客様目線で施工の相談ができる業者を選ぶことが重要です。ご予算と耐用年数、メンテナンスなどのバランスを踏まえて提案してくれる業者がベストと言えます。
営業優先で一度にすべての施工を勧め、大幅な割引きを提示してくる業者は注意した方がよいでしょう。

07エクステリア専門店にお聞きした庭リフォームの3つのポイント

お庭のリフォームは樹木の伐採や伐根、雑草の処分、庭石の処分や庭の整地などが一般的です。
お庭のある住宅はお手入れが必要ですが、「お手入れに時間がかけられない」「高齢になりお手入れが負担になってきた」という方はお手入れがラクなお庭へのリフォームがお勧めです。
そのように、住む方のライフスタイルや好みに合わせてお庭のリフォームを行うのがエクステリア・外構工事専門店です。
横浜に年間600件以上の施工実績を持つ専門店があり、庭リフォームのアイデアから3つのポイントをお聞きしました。

01荒れ放題の芝生から人工芝へリフォーム


放置状態の芝生は見た目も悪く、防犯上も良くないため、お手入れ不用な人工芝に変えるとラクです。人工芝の中には、一見すると本物のようなリアルなものもあるためご近所の目も気にならないでしょう。

02お庭の隅や歩く部分にペーブメントを敷いてお手入れ面積を減らすリフォーム


芝生の面積が広いとお手入れ個所が必然的に広くなります。ペーブメントを有効に取り入れることで歩き易くなり、お手入れ面積が減ります。芝が刈りやすいよう機能性を考慮することで、見た目のおしゃれさも出て一石二鳥です。

03広いお庭を整備して防犯対策を強化するリフォーム


広いお庭の樹木のお手入れに手を焼く場合、落ち葉の少ない樹木に絞り、整備して土面積を減らすリフォームがお勧めです。花壇を作ったり、隅はペーブメントで縁取り。砂利を敷くリフォームは、歩くと音がする砂利の特徴を使った防犯対策として一般的です。砂利下シートを敷くことで雑草の抑制にもなるため効果的です。

08横浜の外構専門店が行う庭リフォームの他店との違い

お庭のある家にお住いのご家庭は、庭づくりを楽しまれている方が多いと思います。お花や家庭菜園のお手入れが生活ルーティーンに入っていたり、小さなお子様やペットが遊びやすいよう工夫されたり、鑑賞を楽しまれるデザイン性に優れた空間づくりなど、住まいの一部として大切にされているのではないでしょうか。
お庭の面積や近隣との距離を加味し、建物と調和したお庭を作ることがポイントとなりますが、専門家のアイデアを貰うことで仕上がりが大きく変わります。
横浜に庭リフォームに定評のある外構工事専門店があります。依頼されたお客様の声から、こちらのお店の特徴をピックアップしてみました。

●機能性と美観性がそろった提案力
変な形状の庭で芝刈りがしにくく手入れが難しかったためご相談しました。芝刈りがしにくい場所や歩く部分にタイルを敷くというリフォーム提案に目からうろこでした。手入れしやすく、見た目もすっきりして大満足です。

●住む人のライフスタイルを加味した庭造り
共働きで子供がいるため、芝生や植樹の手入れが難しかったためご相談したところ、メンテナンスしやすい庭の提案を頂きました。樹木を整理して芝生面積を減らしてヨーロッパ調のタイルを敷くリフォームにより、以前よりもおしゃれな庭になり、リフォームして大正解でした。

●プロならではのスピーディで適切な作業
親から受け継いだ家で何十年も前に植えた木がありました。邪魔だったので伐採したのですが、切り株はどうしても抜けませんでした。見た目も悪く、撤去したいとご相談したところ、スムーズな作業で簡単に引き抜いて頂き、整地もしてもらえて感謝しています。

09横浜のエクステリア専門店に聞いた庭リフォームの相談事例

リフォーム工事をするのが初めての場合、専門業者とどのようにお話を進めてよいか分からないものです。お住いの外構工事も同様であり、ご自身が希望されるリフォームにどのくらいの費用が掛かるのか、どのくらいの工事規模なのか、多くの質問があることでしょう。
横浜にあるエクステリア専門店にお客様からの相談事例を伺いました。

横浜のエクステリア専門店に聞いた庭リフォームの相談事例

建物の3方にお庭スペースがあるお客様からのご相談は、芝生は残しながらも手入れしやすく、歩くスペースを設けたいというものでした。伺って点検してみたところ、芝生が刈りにくい部分は雑草が茂っており、芝生もかなりボコボコした状態で歩きづらそうでした。元々、自転車を置くスペースがなく、玄関近くに置かれている状態で、玄関先が狭いこともお悩みだったとのことで、屋根付きの自転車置き場づくりも合わせてご依頼頂くことになりました。
芝刈りが届きにくい部分はレンガを敷いて、芝生が中にある状態の額縁型にし、歩くスペースも確保しながら手入れのしやすいお庭を実現。自転車置き場となる場所にはレンガを敷いてお庭の統一感を持たせつつ、門扉からアクセスしやすい道を設けて、雨が掛からないように屋根を設置しました。
家族構成やお子様の成長、ご両親の高齢化などによってお住いに必要なものが変化します。お客様が快適に暮らせるよう、サポートさせて頂ける身近な存在でありたいと考えています。

10横浜のエクステリア専門店によくある庭リフォームへの3つの質問

戸建て住宅にお住いの方は住宅、外構部分をすべて理想通りにリフォームすることが可能です。ご自身のこだわりやお子様が楽しめる空間を実現するなど、より充実した生活が望めるでしょう。
横浜で数多くの施工実績を持つエクステリア専門店にお客様からの庭リフォーム相談でよくある3つの質問を伺いました。
質問 実際どのくらい費用がかかるか、見積りだけを聞くことは出来ますか?
回答 はい、見積りは無料ですのでお気軽に問い合わせください。お客様のご都合が最優先ですので、無理な営業を行うことはありません。ご安心下さい。
質問 建物のコンクリート基礎などの劣化に対する補修工事は依頼出来ますか?
回答 築年数が古い住宅の方からご相談の多い補修工事ですが、当社ではコンクリートの爆裂補修工事を行っています。
海近くの住宅では塩害が原因により表れるケースがあります。劣化が見られましたら早めに補修することがポイントですので気になる方は点検依頼だけでもご用命ください。
質問 道が狭く重機が届かない不便な場所ですが、リフォームをお願いできますか?
回答 お住いの立地状況により車や重機が入れない場合であってもリフォーム工事に対応しています。他社では断られる大きな木の伐採や伐根、庭石の処分や庭の整地もお任せください。

11庭リフォームを行う際の業者選びの注意点

POINT 庭のリフォームは、庭のデザインを変え、新しく作り変える場合もあれば、手入れをラクに機能性を重視するなど、ライフスタイルに合わせて行われるものです。
お子様の成長に応じたお庭づくりやワンちゃんがドッグランするためのお庭、家庭菜園を楽しむためのお庭など、より豊かな生活が実現出来ます。
一方で、お庭の手入れをする時間がなく、雑草が生えにくいお庭にしたい、プライバシーを確保するために目隠しフェンスを設けたいなどの目的も、庭リフォームに多い症例です。
理想的な庭リフォームの実現には提案力や施工実績の多い業者選びが必須です。信頼して任すことが出来る業者を探す最も確実な方法は""利用した人からの紹介""です。
素敵なお庭を持つ知人・友人や近隣の人が居れば、業者の情報を詳しく聞くことができ、同じような完成度が望めるでしょう。そして、お住いの地域内にある外構工事業者を検索し、""施工実績やお客様評価をチェックする""のも有効です。庭リフォームの施工写真を比較しながら、ご自身の希望と合うセンスの業者を選ぶことが出来るでしょう。
また、""ホームページに会社の詳細が丁寧に紹介されているか""も大切なポイントです。
施工料金の目安や施工事例、施工期間など、お客様目線で知りたいことをきちんと記している業者は良心的です。
お客様にお手間をかけない配慮、施行への自信が感じられます。

12庭リフォーム施工における業界用語の解説

庭リフォームは、お庭の整理を意味しており、樹木の伐採や伐根、雑草の処分や整地などが主流です。
庭リフォームでよく使用される用語の意味をいくつかご紹介しましょう。
●アプローチ
外構工事・庭リフォームで用いられるアプローチの意味は「建物や施設への導入路」「短い道」などが該当します。玄関アプローチであれば、門から玄関までの通路を表し、芝やレンガアプローチなどは庭内に設けることで、歩きやすさや庭の手入れのしやすさ、見た目の美しさなどが向上します。
●ペイブメント
ペイブメントは塗装した歩道のことを意味します。
アスファルトやコンクリート、岩石や敷石、レンガやタイルなどが主流で効果的に用いられます。
庭リフォームではレンガやタイルなどが人気で、機能性と意匠性を備えた庭造りに適しています。
●砂利敷き
砂利は、直径2~5pほどの石や小石に砂を混ぜたものです。砂利敷きは様々なメリットをもたらすことで知られ、庭リフォームにも数多く用いられています。
砂利の上を歩くとジャリっとした音が鳴ることを利用し、不審者の侵入を防止する防犯対策や、雑草が生えるのを防ぐ雑草対策にも効果的。さらには、雨天時に土の上を歩くことで泥水が跳ねるのを防止する役目や、美観的な美しさにも優れます。
砂利には様々な種類があり、カラフルな砂利もあるためイメージチェンジにも最適です。

FAQ一覧

PageTop